ホームおもしろガイドブック商いご案内イベント活動の実態スタッフ紹介ご挨拶

おもしろガイドブック

壁画酒屋麹屋蝋燭旅館理髪店遊郭茶室寺院こぼれ話
  • 古田ふとん店
    大正6年に今は無きご主人の両親が現在地で貸し布団屋を始めたのが始まり。現在2代目の古田正子さんは昭和17年に当家に嫁いできました。
    日々の暮らしの中で和裁の業(わざ)は継承され、質実を尊ぶ城下町のなかにおいて、当時から、ひときわ艶やかな色彩をはなちながら街「通り」に華を添えています。

  • 常和園
    店名である常和園の「常和」は、「常に和やかに」との意味を込めて名づけられたもの。同時に、これがこのお店のモットーにもなっている。
    明治期に、現在の御主人の祖父にあたる方が岐阜県の養老で製茶業を始められたのが常和園の起こり。

  • 日蓮宗 転法輪山 妙源寺
    文禄元年(1592)創立。当時は関ケ原合戦以前の豊臣時代であり、石田三成の居城(1590〜1600)が、東国防御、佐和山惣構の名城としてそびえ立っていました。その湖東の堅城「佐和山城」の法華丸にあった法華宗(日蓮宗)の寺を移したものだと伝えれている.。
    又祖師堂(日蓮聖人のお堂)は彦根藩8代藩主井伊直定公の寄進により建立され格天井に描かれた当時の壇信徒各家の家紋絵図は見応えがあります。

 

Copyright (C) 2000-2007  花しょうぶ通り商店街振興組合IT事業部:Packet All rights reserved.